目標設定はSMARTのルールに則って決めると効果が高い!

目標
この記事は約3分で読めます。

こんにちわ、Tomohiroです。

いつも見ていただき、ありがとうございます!

今回は「目標設定SMARTのルールで決めると効果が高い!」

というテーマを記事にしています。

SMARTって何かというと、英語の頭文字です。

 

すでに会社で採用しているところもありますが、

 

多くは知られていない印象です。

いつも未達で終わって気がついたら、何も変わっていなかった。。。

こんな経験はあったりしますか?僕は何回もありました。

頭文字の意味と目標設定の具体的な例、やり方を知ることができます!

スポンサーリンク

目標設定のSMARTとは何!?

早速ですがSMART(読み方はスマート)の意味を書きます。

S → Specific「具体的であること」

M → Measurable「測定可能であること」

A → Achievable「達成可能であること」

R → Relevant「価値観に合っていること」

T → Time-bound「期限がきめられていること」

これに則って決めると具体的でわかりやすくなります。

例1:20〇〇年までに課長に昇格し、年収を〇〇円になっている。

例2:20〇〇年までに結婚をして、子供〇〇人を授かっている。

一例ですが、このルールが効果的な理由は2つあると感じています!

1.期限が決まって「やる」って気持ちが起こる

個人的に良いと思うところですが、期限が決まっていることです。

期限が長すぎず、短すぎずというのが条件です。

決めた期間でやろうとする気持ちを維持できると効果が高いです。

継続をずっとできるようにやっていくのがベスト。

 

僕の例ですが、電子レンジで温めを待っている時間が良いと思います。

 

数分と決まっているので、本を読んだりストレッチしたりすると

 

出来上がるまでの時間だけやるってなるので、おすすめです。

2.今することが自分でわかる

目標までの進捗を知ることで、自分が今するべきことがわかります。

今できる最大の努力をしていくということの積み重ねができ、

結果的に目標を達成していた

ということにもなります。

POINT

 

いきなり明日に達成しているとかはなりません。。。

 

今できることを理解してすぐにやる。

 

この積み重ねだと思ってください。

 

スポンサーリンク

目標の設定でしてはいけないこと

目標設定でしてはいけなことがあります。

それは

自分の中で達成の確率が、20%ぐらいの目標を設定すること。

高い目標を設定しないとダメだ!ってなっている人が多いです。

会社ではそうかもしれませんが、

自分の生きていく中でそれをすると大変ですよね!?

だから、達成の確率が低くては意味がないんです。

ワクワクするような目標を設定することが大事です。

感情が伴っていないと、ただ辛いだけです!

ここはワクワクして、自分が楽しいって思うような目標を立てましょう!

参考文献:目標を達成する技術

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

僕は目標の設定のお手伝いをしています。

興味があったら、こちらのページをご覧ください。

お問い合わせ
いつもご覧いただきありがとうございます。 ご意見があれば下記のフォームからお問い合わせお願いいたします。 「自分を知って、自分で目標を決め、自分で達成する」 目標達成するスキルを習得するサポートの無料体験セッションを受...

今日のまとめを書きます。

・目標はSMARTのルールに則って設定すると、行動がしやすくなる。

・目標の達成率は高すぎず、低すぎずというラインで決める。

それではまた、次回の記事でお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました